会社設立東京【AXESS総合会計事務所】

株式会社と合同会社の違い

2006年5月に執行された会社法により新しく設けられた会社形態である合同会社ですが、株式会社との違いは 出資者と経営者が同一であること、対外的な信用度や会社設立費用の違いです。
現状ではまだまだ株式会社の方が認知度が高いため、仕事を進める上で有利なら株式会社を選択する場合が多いようです。
株式会社と合同会社の違い
株式会社と合同会社の違いで主なものを挙げました。尚、ここで記載したものは一般的に言われているものをまとめました。

株式会社

  • 出資者を集めて資金を調達。経営者と株主が分離された独立性の高い制度設計ができます。
  • 経営に関与しない株主までを広く募ることができ、将来株主公開による上場も可能。そのため大きなビジネス向け。
  • 社会の認知度が高い。対外的信頼が大きいのでビジネスを有利に進められる場合がある。
  • 会社を大きくするのに適している(その為、最初LLCで起業して株式会社に組織変更する会社もある)
  • 一定の機関として代表取締役や監査役などの役員配置、株主総会設置の義務が付けられている。
  • 定款や役員の変更など、会社にかかわる重要な決定は株主総会で2/3以上の多数決によって決められる。(会社の重要な決定が遅くなる為、株式会社からLLCへ組織変更する会社もある)
  • 利益の分配は出資した金額の割合によって決まる。
  • 定款の認証が必要であることと、登録免許税(最低15万円)の金額の違いから合同会社と比べて会社設立費用が高くなる。

  • 出資者と経営者
  • 事業の規模
  • 社会の認知度
  • 将来の規模
  • 機関設置の義務
  • 重要な決定
  • 利益の分配
  • 設立費用

合同会社

  • 出資者と経営者が同一。合同会社の場合出資者は「社員」と呼ぶ。
  • 経営する社員が資金を出し合って起業する。小規模な会社向け。
  • 社会の認知度がまだ低い。対外的な信用よりもサービスの質を売りにするような業種向け(ITやデザイン業など)
  • 基本的に少人数による経営が想定されているため、大きな規模での事業は難しい。ある程度規模が大きくなったら株式会社等への移行を行う必要がある。
  • 株式会社で必要な代表取締役や監査役などの役員配置や株主総会設置の義務がない。
  • 定款の変更など重要な決定が株式会社と違って社内で決定できる。
    その代わり社員全員の賛成が必要。社員間の結束が必須。
  • 利益の配分も出資した額に関係なく自由に決められる。
  • 公証役場への定款認証が不要な為手数料がかからないこと。登記時の登録免許税が株式会社より安いため、設立にかかる費用は株式会社より安くなる。
株式会社と合同会社の違いポイント
対外的な信頼が必要なら株式会社
設立費用を安く済ませたいなら合同会社
最初から大きな事業を立ち上げるなら株式会社
創業時小規模な会社から始めるなら合同会社

応援します!東京で会社設立


お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話によるお問い合わせ メールによるお問い合わせ

❖お電話によるお問合せ:
0120-62-1090 (受付時間:月曜日から金曜日10:00-18:00※祝祭日を除きます)
❖電子メールによるお問合せ:
土日祝日を除き、原則48時間以内にご連絡させて頂きます。
❖お客様の個人情報の取り扱いに関しましては、▶個人情報保護方針をご参照ください。