創業融資レポート
Pocket

4回目 書類提出・あっせん書交付 融資相談最終日…
前回の調査員現地訪問から4日後。
渋谷区役所へ最後の融資相談に向かいます。

今回で渋谷区から融資適格者として認められれば、渋谷区長からあっせん書が交付されます。そしてこれを取扱い金融機関に提出することで融資申し込みとなります。

金融機関からも融資OKがもらえたら、次は保証協会での審査がありますが、渋谷区からの承認をもらえないと話が進みません…。今回は第一関門といえるでしょう。しかしここでやっと一息つく創業融資レポート。

今回で山場を越えるとはいえ、これからが本番です!

渋谷区役所までの道のりの1コマ
渋谷区役所までの道のりの1コマ

ここでちょっとスケジュールのおさらい。現在図の②あっせん書交付のところです。道のりは長い!
スケジュールのおさらい

4回目相談内容
1.書類の提出

もう4回目ともなると、相談員とも仲良くなっており、リラックスムードの中、
提出書類に不備がないかのチェックから開始

会社が用意した書類

1.創業支援資金計画書 2部
2.設備投資に係る見積書 2部
3.代表者の履歴書 1部
4.資格証明書 ※今回は資格を必要としないご商売のため、不要
5.代表者の住民票
6.履歴事項全部証明書(登記簿謄本) 1部
※会社登記が遅れると用意できないので、スケジュール管理 が重要です。
4日目の1週間以上前に法務局への会社設立 申請を行っていなければ、間に合わなくなります。
渋谷区の相談員の方が用意した書類

1.診断士所見 2部
※診断士とは中小企業診断士のことで、民間の診断士が区からの 委託を受けて、相談員業務を行っています。
2.あっせん書の交付

いよいよ、金融機関へ提出するためのあっせん書が用意されます。

相談員より区の職員へ必要書類一式が手渡しされて、待つこと約15分。 ついに、渋谷区長より金融機関に向けたあっせん書が交付されました。

さらに、設備投資を実際に行った後に、その支出に関する領収書を所定 の用紙と合わせて渋谷区へ提出するように指導を受けた。

設備投資は、見積書で申請しており、もしかすると購入せずにリースに する可能性も。。。まぁ深く考えるのは止めよう! でも、出きるだけ正確に購入予定のもので、申請しないと後で困るなぁ と感じました。

これが渋谷区から交付されたあっせん書です。

金融機関にこのあっせん書を提出して融資の申込みとなります。
金融機関にこのあっせん書を提出して融資の申込みとなります
以上、約30分の面談プラスあっせん書交付で15分の合わせて約45分で終了

今後のスケジュール
次回銀行訪問

【免責及びご注意】
読者の皆さまの個別要因及び認識や課税当局への主張の仕方により、税務リスクを負う可能性も十分考えられますので、実務上のご判断は、改めて専門家のアドバイスのもと、行うようにして下さい。
弊社は別途契約を交わした上で、アドバイスをする場合を除き、当サイトの情報に基づき不利益を被った場合、一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。


お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話によるお問い合わせ メールによるお問い合わせ

❖お電話によるお問合せ: 0120-62-1090 (受付時間:月曜日から金曜日10:00-18:00※祝祭日を除きます) ❖電子メールによるお問合せ: 土日祝日を除き、原則48時間以内にご連絡させて頂きます。 ❖お客様の個人情報の取り扱いに関しましては、▶個人情報保護方針をご参照ください。