• 電話番号
  • 東京の税理士
メニュー
サービス
料金
お問い合せ
0120-62-1090

04   〜税金の考え方、社会保険との相関性(代表者編)〜〜
高くつくのはどっち !? 役員報酬 vs 法人利益


高くつくのはどっち !? 役員報酬 vs 法人利益

1. 想定利益 1,000 万円までは全額役員報酬で吸収して損なし
2. 想定利益 1,000 万円〜 3,000 万円までは、法人所得が 800 万円に なった場合の税負担が最小(※中小企業の低減税率 18%が寄与)
3. 想定利益 3,000 万円〜 5,000 万円超の場合は、役員報酬を 2,500 万円程度にすると税負担を最小化できる
4. 個人のお金と法人のお金では使う際の自由度がまったく違う点を お忘れなく

「高くつくのはどっち !? 役員報酬 vs 法人利益」に関する解説は以下の通りです。 お役に立てれば幸いです。

会社設立・経営にともなう税務に関する、 さらに具体的なアドバイス・サポートが必要な場合は、
お気軽にお問い合せ下さい。
 メールはコチラ お電話はコチラ
税理士を東京で探すなら
免許皆伝解説
最適な役員報酬はどうやって決めるのか?
「社長の役員報酬をいくらにしたらよいのか」という質問をよく受けます。
本来、役員報酬は、株主から委任を受けて包括的に会社の業務を執行することの対価であり、 株主総会で適正な金額を決めればよいものです。 業種、規模などで類似した会社のデータを参照して決めることもあります。
ただ、一人で起業した場合は、それこそ社長が自由に報酬額を決めることが普通ではないでしょうか。
問題は、法人利益との関係です。役員報酬を上げれば、社長個人の所得税が増えて会社の法人税は減ります。 逆に役員報酬を上げれば、社長個人の所得税は減って会社の法人税が増えます。
また役員報酬の額と連動する健康保険などの社会保険料もあります。
本稿では、役員報酬と税金・社会保険料負担をシミュレーションし、 役員報酬と法人利益の最適化を検討してみました。


1. 役員個人と会社にどのような税金等がかかるのか
はじめに、役員個人と会社にどのような負担があるのかを考えてみましょ う。

(1)役員報酬として個人にかかる負担

@ 所得税 
A 住民税 
B 社会保険料

(2)会社の所得にかかる負担

@ 法人税
A 事業税
B 県民・市民税
C 社会保険料

オーナー会社の場合、役員個人の手取り金額と会社の留保利益金額は表裏の関係にあります。
同じ現金であったとしても、個人の現金と法人の現金では、使用する際の自由度が異なります。 個人の現金であれば、パチンコに行こうが、宝くじを買おうが自由ですが、 法人の現金の場合そうはいきません。法人事業に関係ない費用はオーナー個人に対する賞与とみなされることとなり、 さらなる税金負担がのし掛かります。
そのため、一概に「個人の現金と法人の現金の合計が最大化することが最善」とは言えませんが、 ここでは手取り役員報酬と税引き後法人利益の合計金額が最大になるのはどのようなケースなのかを試算してみました。
手取り役員報酬と税引き後法人利益の合計金額が最大になるということは、 上記の役員個人と会社が負担する税金と社会保険料の合計額が最少になる役員報酬額が最適値と言い換えることができます。 そして、これが役員報酬の損益分岐点といってもよいでしょう。
利益に対して課される税金(法人税・住民税法人税割・事業税)の割合のことを「実効税率」を呼んでいます。 ここでは、社会保険料の負担も加味したトータルな実質的税負担として用います。


2. 試算の結果とポイント
試算にあたり、役員報酬を仮にゼロだったとして、1 年間の会社の利益がいくらになるのを想定します。 ここでは、想定利益を 500 万円から 5,000万円の7つのケースで設定し、シミュレーションしました。
その結果、下記のように3つに区分してポイントをまとめてみました。
なお、実効税率は次の計算式となります。

実効税率=D÷(X+Y)
D:所得税+住民税+法人税等+社会保険料
X:役員報酬(給与所得)
Y:法人課税所得
また、前提条件として、
@ 社長は 40 歳未満で扶養家族は配偶者のみ
A 主宰役員(通常は社長)の損金不算入規定なし
B 事業税額が翌年度損金(経費化)できる点を計算上無視
としています。
(1)第一グループ
第一グループ
以上、「第一グループ」の2つのケースでは、おおむね法人所得がゼロに 近づくような役員報酬を設定すれば良いと言えます。

(2)第二グループ
第二グループ
以上、「第二グループ」の3つのケースにおいては、資本金1億円以下の 中小法人では、法人所得が 800 万円以下の部分については、軽減税率が適 用されます。そこで、その軽減税率が適用される上限の 800 万円に合わせ るのが、最も有利であることがわかります。

(3)第三グループ
第三グループ
以上、「第三グループ」の2つのケースでは、所得税・住民税の実効税率 が高くなってしまうため、法人課税所得 800 万円はボーダーとはなりませ ん。給与所得が 2,500 万円前後であれば、実効税率への影響も小さくなり ます。逆に法人所得が 800 万円に満たない場合は、法人税の低減税率 18% のメリットを最大限享受できないので、実効税率は目立って上昇します。 冒頭に述べた通り、個人と法人ではお金を使う際の自由度が大きく異なり ます。(1)から(3)をご覧いただいた上で、大体の実効税率がどれくらい なのか感覚的に掴んでいただければ十分です。
 税金・社会保険負担率と実効税率のグラフ(参考資料)


免責事項

ご利用上の注意

『免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ』は記載内容について、私見であったり、税制改正により正確性を欠く場合があります。読者の皆様の個別要因及び認識や課税当局への主張の仕方により、税務リスクを負う可能性も十分考えられますので、実務上のご判断は、改めて専門家のアドバイスのもと、行うようにして下さい。弊社は別途ご契約を交わした上で、アドバイスする場合を除き、当サイトの情報に基づき不利益を被った場合、一切の責任を負いませんので、予めご了承下さい。

税理士を東京で探す!ワンポイント解説


ホームページを検索すると、東京近郊で税理士・会計事務所がたくさんヒットしますが、
判断基準がないと、自分に合う会計事務所を探すのが難しくなってしまいます。
判断基準とはどういったものでしょう?


税理士を東京で探すポイント解説の詳細は⇒コチラ


東京で税理士をお探しの女性経営者の方


女性の起業家・経営者に関するリサーチで、男性経営者との違いは!
〇苦労している点
「家事・育児・介護と仕事の両立」
〇大切にしている視点
「ワークライフバランス」
〇苦手な業務分野
「経営や税務会計に関するノウハウ・専門知識に自信が無い」


これらを踏まえた、「専門家としての経営パートナー」をお探しの
女性起業家・経営者の方は⇒コチラ



事務所アクセス



事務所所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F


■ 大手町駅 B2aまたはA5出口から徒歩1分以内)

千代田区大手町から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅

■ JR東京駅・丸の内北口(地下)より徒歩5分

JR東京駅から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅
【事務所地図】

▶ 大きい地図で見る

このページのTOPへ

フリーダイヤル0120-62-1090

会社設立手数料激安

会社設立のタイミングを年齢別に考える…

年齢別に考える起業のタイミング
起業時、どうする!?
起業時、どうする!?
税制・経営最前線!
税制・経営最前線!
免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ
免許皆伝−会計事務所の実践ノウハウ

アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

  • プロローグ
  • 第1章 人生のターニングポイント  〜まさかの配置転換〜
  • 第2章 起業に向けて  〜会社組織 vs. 個人事業主〜
  • 第3章 会社設立  〜資本の論理とエンジェル〜
  • 第4章 新米社長奮闘記  〜究極の三択!?捨てる仕事、拾う仕事〜
  • 第5章 起業から企業への第一歩  〜良い借金、悪い借金〜
アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

創業融資レポート
■スマートアカウンティング東京 サービスのお問合せはこちらから フリーダイヤル0120-62-1090

■サービスエリア■
東京都(千代田区、港区、渋谷区、新宿区、品川区ほか)、
神奈川県(横浜市、川崎市、相模原市ほか)、千葉県(千葉市、
船橋市、松戸市ほか)、埼玉県(さいたま市、川口市ほか)
及び栃木県、茨城県、群馬県、関東一円をカバー。フットワ−ク良く対応致します。お気軽にお問合せ下さい。
■お役立ちリンク■
■事務所所在地■
東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F
TEL 03-6225-2595

創業時の事務所は埼玉県さいたま市でした。その後東京都港区北青山、横浜市中区みなとみらい、 また東京に戻り、渋谷区神宮前、新宿区西早稲田、東京都千代田区西神田と事務所を移して10年超の間、業務を行っていましたが、手狭になったため2014年6月に、東京都千代田区大手町へと移ってきました。 現在の事務所があるこの場所は、丸の内エリアで大手企業が集積し 結構賑やかなのですが、なんとなく落ち着く居心地の良い場所です。
(→ロケーション

■業務領域■
記帳代行、経理アドバイス、決算処理、法人税申告、消費税申告、事業税申告(外形標準課税対応)、償却資産税申告、個人所得税確定申告、 法定調書合計表、給与計算、賞与計算、社会保険手続き、会社設立、資金調達、中小企業新事業活動促進法の経営革新の承認申請、資金繰り指導、 経営計画策定サポート、税理士セカンドオピニオン、税務調査立会い、源泉所得税計算(給与賞与、退職金、報酬、配当、非居住者)、 有限責任事業組合(LLP)設立、有限責任事業組合(LLP)事務運営代行、企業再生支援、ベンチャー起業サポート、販売管理代行、 請求書発行管理、振込み代行などバックオフィス業務のアウトソーシング全般カバーしています。


 4,980円から始める経理会計及び記帳代行。9,500円から始める税務顧問。 東京で税理士事務所、会計事務所をお探しの方へ
スマートアカウンティング東京にお任せ下さい。
〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F