• 電話番号
  • 東京の税理士
メニュー
サービス
料金
お問い合せ
0120-62-1090

02   〜資本金によるメリット&デメリット〜
資本金の決め方と損得勘定



1. 資本金は 1,000 万円未満を基本に考えること
2. 現実的な資本金としては 100 〜 300 万円が妥当
3. 時価増資でシェアを守りつつ、返済不要の事業資金を獲得

「資本金の決め方と損得勘定」に関する解説は以下の通りです。 お役に立てれば幸いです。

会社設立・経営にともなう税務に関する、 さらに具体的なアドバイス・サポートが必要な場合は、
お気軽にお問い合せ下さい。
 メールはコチラ お電話はコチラ
税理士を東京で探すなら
免許皆伝解説
資本金を決める際のポイントを知っておこう!
資本金とは、会社を設立して営業を始める際、最初に元入れした出資金の ことをいいます。わかりやすくいえば元手資金です。会社設立後は、この元 手資金で商品や会社の備品を購入したり、仕入代金にあてたり、経費を支払 うなど、経営のために使用します。
2006 年の会社法改正により、それまでの最低資本金制度(株式会社 1,000 万円、有限会社は 300 万円)は撤廃されました。つまり、1円でも起業で きることになったのです。
「それなら1円でいいじゃないか」となりそうですが、ことはそう簡単では ありません。資本金は金額によるメリット・デメリットを知ったうえで決め ましょう。





1. 資本金の額は多ければいいのか
最低資本金制度がなくなったにもかかわらず、1,000 万円にこだわる人が います。その理由は、「資本金の額が大きければ信用も上がるし、安定した 経営ができる」というものです。
確かに、資本金は信用のバロメーターです。資本金は基本的には戻ってこな いお金なので、経営者・株主の事業に対する熱意がその金額として評価され ますし、額が大きければ倒産するリスクが小さいという側面はあるでしょう。 しかし、その一方で大きなデメリットがあることも覚悟しておかなければ なりません。税制面で負担が増えるからです。
まず、消費税が挙げられます。消費税は、課税売上高が 1,000 万円を超 えた年の翌々事業年度から課税されます。しかし、資本金が 1,000 万円以 上の場合は、初年度から課税事業者として納税しなければなりません。 つぎに、法人住民税があります。法人住民税とは、法人に対する道府県民 税と市町村民税のことです(東京都の 23 区内の法人は、法人都民税に一本 化されています)。
この法人住民税の内訳は、均等割額、法人税割額ですが、資本金が 1,000 万円を超えると均等割額が上がります。都道府県民税は2万円が5万円に、 市町村民税は標準税額で5万円から 13 万円にアップするのです。すなわち 7万円が 18 万円になるということです。
その他にも、資本金の額による税務上のメリット・デメリットがあります ので、別表を参照してください。
なお、許認可が必要な業種のうち、一定額以上の資本金が要件とされてい るものもあります。一般労働者派遣事業の 1,000 万円、有料職業紹介事業 の 500 万円、一般建設業の 500 万円などです。これらの事業を営む場合は、 資本金を要件を満たす金額以上にしなければなりません。 資本金の額による主な税務上のメリット・デメリット
2. 資本金の額が少なすぎるのも問題
資本金は 1 円でもよくなったわけですが、それで会社の経営ができるか は別問題です。前述のように、信用という点では皆無に近いといえるでしょ う。
そこで、資本金は高額でないにしろ、対外的な信用や運転資金としてある 程度の金額を設定したほうが無難です。
事業を始めて取り引き先からすぐに入金があるわけではないので、その間 の運転資金を考えると、初期コストと2〜3ヶ月くらいのランニングコスト を参考に金額を決めるのがよいでしょう。具体的には 100 万円から 300 万 円程度がちょうど良い金額です。
もっとも、資本金として資金を拠出するとすぐに回収できないことから、 資本金を 100 万円以内に抑えて、それ以上の必要資金は社長が会社に貸し 付ける方法もあります。資本金を超えて社長の持ち出しとなった資金は、経 営が軌道に乗り、余力ができた時点で社長に返済するのです。
これにより、資本金であれば会社に寝てしまうお金も早期回収できること となります。


3. 増資をして第三者から資金を得たい場合の注意
会社を設立後に第三者からの増資を考えている場合は注意しましょう。第 三者から出資を受け入れた場合はオーナー社長のシェア(持分割合)を減少 させるからです。
言うまでもなく、持分割合が減ると経営上の支配権に大きな影響を与えま す。場合によっては会社を乗っ取られ、オーナーが支配権を失うこともあり ます。
第三者からの増資を目指したい場合、最低限、経営を軌道に乗せ、将来性 のあるビジネスを構築しましょう。会社の期待値(潜在的な将来価値)を高 め、1 株当たりの株価を引き上げた上で、時価増資により、出資を受け入れ るようにしてください。そうすれば、シェアを守りながら返済不要な事業資 金の調達が可能となります。
もちろん事業資金が潤沢にある場合、無理して他人を株主に迎え入れる必 要は全くありません。


免責事項

ご利用上の注意

『免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ』は記載内容について、私見であったり、税制改正により正確性を欠く場合があります。読者の皆様の個別要因及び認識や課税当局への主張の仕方により、税務リスクを負う可能性も十分考えられますので、実務上のご判断は、改めて専門家のアドバイスのもと、行うようにして下さい。弊社は別途ご契約を交わした上で、アドバイスする場合を除き、当サイトの情報に基づき不利益を被った場合、一切の責任を負いませんので、予めご了承下さい。

税理士を東京で探す!ワンポイント解説


ホームページを検索すると、東京近郊で税理士・会計事務所がたくさんヒットしますが、
判断基準がないと、自分に合う会計事務所を探すのが難しくなってしまいます。
判断基準とはどういったものでしょう?


税理士を東京で探すポイント解説の詳細は⇒コチラ


東京で税理士をお探しの女性経営者の方


女性の起業家・経営者に関するリサーチで、男性経営者との違いは!
〇苦労している点
「家事・育児・介護と仕事の両立」
〇大切にしている視点
「ワークライフバランス」
〇苦手な業務分野
「経営や税務会計に関するノウハウ・専門知識に自信が無い」


これらを踏まえた、「専門家としての経営パートナー」をお探しの
女性起業家・経営者の方は⇒コチラ



事務所アクセス



事務所所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F


■ 大手町駅 B2aまたはA5出口から徒歩1分以内)

千代田区大手町から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅

■ JR東京駅・丸の内北口(地下)より徒歩5分

JR東京駅から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅
【事務所地図】

▶ 大きい地図で見る

このページのTOPへ

フリーダイヤル0120-62-1090

会社設立手数料激安

会社設立のタイミングを年齢別に考える…

年齢別に考える起業のタイミング
起業時、どうする!?
起業時、どうする!?
税制・経営最前線!
税制・経営最前線!
免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ
免許皆伝−会計事務所の実践ノウハウ

アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

  • プロローグ
  • 第1章 人生のターニングポイント  〜まさかの配置転換〜
  • 第2章 起業に向けて  〜会社組織 vs. 個人事業主〜
  • 第3章 会社設立  〜資本の論理とエンジェル〜
  • 第4章 新米社長奮闘記  〜究極の三択!?捨てる仕事、拾う仕事〜
  • 第5章 起業から企業への第一歩  〜良い借金、悪い借金〜
アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

創業融資レポート
■スマートアカウンティング東京 サービスのお問合せはこちらから フリーダイヤル0120-62-1090

■サービスエリア■
東京都(千代田区、港区、渋谷区、新宿区、品川区ほか)、
神奈川県(横浜市、川崎市、相模原市ほか)、千葉県(千葉市、
船橋市、松戸市ほか)、埼玉県(さいたま市、川口市ほか)
及び栃木県、茨城県、群馬県、関東一円をカバー。フットワ−ク良く対応致します。お気軽にお問合せ下さい。
■お役立ちリンク■
■事務所所在地■
東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F
TEL 03-6225-2595

創業時の事務所は埼玉県さいたま市でした。その後東京都港区北青山、横浜市中区みなとみらい、 また東京に戻り、渋谷区神宮前、新宿区西早稲田、東京都千代田区西神田と事務所を移して10年超の間、業務を行っていましたが、手狭になったため2014年6月に、東京都千代田区大手町へと移ってきました。 現在の事務所があるこの場所は、丸の内エリアで大手企業が集積し 結構賑やかなのですが、なんとなく落ち着く居心地の良い場所です。
(→ロケーション

■業務領域■
記帳代行、経理アドバイス、決算処理、法人税申告、消費税申告、事業税申告(外形標準課税対応)、償却資産税申告、個人所得税確定申告、 法定調書合計表、給与計算、賞与計算、社会保険手続き、会社設立、資金調達、中小企業新事業活動促進法の経営革新の承認申請、資金繰り指導、 経営計画策定サポート、税理士セカンドオピニオン、税務調査立会い、源泉所得税計算(給与賞与、退職金、報酬、配当、非居住者)、 有限責任事業組合(LLP)設立、有限責任事業組合(LLP)事務運営代行、企業再生支援、ベンチャー起業サポート、販売管理代行、 請求書発行管理、振込み代行などバックオフィス業務のアウトソーシング全般カバーしています。


 4,980円から始める経理会計及び記帳代行。9,500円から始める税務顧問。 東京で税理士事務所、会計事務所をお探しの方へ
スマートアカウンティング東京にお任せ下さい。
〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F