• 電話番号
  • 東京の税理士
メニュー
サービス
料金
お問い合せ
0120-62-1090

13   〜出張の日当は所得税の非課税扱いです!〜
出張の密やかな楽しみ !?


出張の密やかな楽しみ !?

1. 会社の費用となり、個人の非課税収入となる日当は、メリット大
2. 日当を支給するために規定を作ろう
3. 日当の世間相場は国内 5,000 円 / 日、海外 10,000 円 / 日以内(取締役の場合)

「出張の密やかな楽しみ !?」に関する解説は以下の通りです。 お役に立てれば幸いです。

会社設立・経営にともなう税務に関する、 さらに具体的なアドバイス・サポートが必要な場合は、
お気軽にお問い合せ下さい。
 メールはコチラ お電話はコチラ
税理士を東京で探すなら
免許皆伝解説
あなたの商売に出張はありますか?
頻繁に出張があるような仕事であれば、日当規定を作っておきましょう。 日当と聞くと、その日の労働報酬のように聞こえるかもしれませんが、 ここでは出張により普段以上にかかってしまう経費補てんのための手当てのこ とを言います。

出張先では外食を余儀なくされるため支出も伴いますし、旅先ゆえにわざ わざ買わないといけないものも増えてしまうものです。
実は、税務上この日当が所得税の非課税となっているのです。


1. 日当は旅費に含まれる
確かに一般的な感覚としては、日当は1日当たりの労働の対価という意味から、 通常の給与に加えて支給する必要はないというのもわかります。
しかしながら、税務では、日当は旅行に伴う食事代その他の雑費的な費用 に充てるためのものとされており、一般の旅費としての交通費、運賃、宿泊 費、支度料等と同様、旅費の性格を持つものとされています。
実際のところ、朝と夜も外食せざるを得ませんし、家族と話すためにも電 話をしなければなりません。また、余分な新聞を購入しなければならないな ど、出張したことによって出費が発生することは間違いありません。
したがって、その支給額が相当なものであれば、旅費として非課税扱いが 認められます。


2. どこまで認められるか
本来、会社の経費は実費精算の可能な部分は実費精算が原則です。交通費・ 宿泊費・日当も安易に「1回○万円」というように渡しきりにしていると、 税務調査では問題となる可能性があります。
しかし、現実問題として、すべての旅費を精算するとなると、処理は大変、 繁雑になってきます。 特に日当については不可能に近いのではないかと思わ れます。そこで、実務的には、出張に充てられる金品で、「通常必要と認め られるもの」を非課税とすることになっています。

  この「通常必要と認められるもの」は、

 @ 旅行の目的
 A 目的地、行路
 B 期間の長短
 C 宿泊の要否
 D 職務内容、地位

などに照らして判定されます(所得税法基本通達9―3)が、次の事項が 勘案されることになります。

(1)その支給額が、その支給をする使用者等の役員および使用人のすべて を通じて適正なバランスが保たれている基準により計算されたものであるか どうか。

(2)その支給額が、その支給をする使用者等と同業種、同規模の他の使用 者等が一般的に支給している金額に照らして相当と認められるものであるか どうか。


3. 旅費規定を作成しましょう?
宿泊代と交通費以外、実費精算せずに一律に支給するには、 通常必要と認められる旅費を旅費規定に定める必要があります。 その際、上で述べたように、目的地、職務内容・地位が勘案されることを踏まえて、

 @ 役職(社長、役員、部課長、一般社員など)
 A 出張場所の遠近

により、日当の金額に差を設けるのがよいでしょう。
具体的な金額については通達にも示されていないため、難しいところです。
ただ、日当は出張をしたことで余分にかかる諸雑費ですから、高額になることはありえません。

過去の経験から、取締役 5,000 円 / 日以内、一般社員 3,000 円 / 日以内、 また海外出張の場合で、取締役 10,000 円 / 日以内、一般社員 5,000 円 / 日 以内が一般的な設定金額だと思います。

また一定の取締役のみ日当支給を受けている場合などは、非課税扱いとな りませんので、十分注意して下さい。

国家公務員や地方公務員などでは、法律や条例で日当を定めていますので、 そうしたものが参考になると思います。公務員に認められている水準なら、 民間企業でも大丈夫なはずということです。ここでは、国家公務員等の旅費 に関する法律(別表第一の一)で規定されているものを掲げておきます。
国家公務員等の旅費に関する法律(別表第一の一)


免責事項

ご利用上の注意

『免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ』は記載内容について、私見であったり、税制改正により正確性を欠く場合があります。読者の皆様の個別要因及び認識や課税当局への主張の仕方により、税務リスクを負う可能性も十分考えられますので、実務上のご判断は、改めて専門家のアドバイスのもと、行うようにして下さい。弊社は別途ご契約を交わした上で、アドバイスする場合を除き、当サイトの情報に基づき不利益を被った場合、一切の責任を負いませんので、予めご了承下さい。

税理士を東京で探す!ワンポイント解説


ホームページを検索すると、東京近郊で税理士・会計事務所がたくさんヒットしますが、
判断基準がないと、自分に合う会計事務所を探すのが難しくなってしまいます。
判断基準とはどういったものでしょう?


税理士を東京で探すポイント解説の詳細は⇒コチラ


東京で税理士をお探しの女性経営者の方


女性の起業家・経営者に関するリサーチで、男性経営者との違いは!
〇苦労している点
「家事・育児・介護と仕事の両立」
〇大切にしている視点
「ワークライフバランス」
〇苦手な業務分野
「経営や税務会計に関するノウハウ・専門知識に自信が無い」


これらを踏まえた、「専門家としての経営パートナー」をお探しの
女性起業家・経営者の方は⇒コチラ



事務所アクセス



事務所所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F


■ 大手町駅 B2aまたはA5出口から徒歩1分以内)

千代田区大手町から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅

■ JR東京駅・丸の内北口(地下)より徒歩5分

JR東京駅から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅
【事務所地図】

▶ 大きい地図で見る

このページのTOPへ

フリーダイヤル0120-62-1090

会社設立手数料激安

会社設立のタイミングを年齢別に考える…

年齢別に考える起業のタイミング
起業時、どうする!?
起業時、どうする!?
税制・経営最前線!
税制・経営最前線!
免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ
免許皆伝−会計事務所の実践ノウハウ

アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

  • プロローグ
  • 第1章 人生のターニングポイント  〜まさかの配置転換〜
  • 第2章 起業に向けて  〜会社組織 vs. 個人事業主〜
  • 第3章 会社設立  〜資本の論理とエンジェル〜
  • 第4章 新米社長奮闘記  〜究極の三択!?捨てる仕事、拾う仕事〜
  • 第5章 起業から企業への第一歩  〜良い借金、悪い借金〜
アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

創業融資レポート
■スマートアカウンティング東京 サービスのお問合せはこちらから フリーダイヤル0120-62-1090

■サービスエリア■
東京都(千代田区、港区、渋谷区、新宿区、品川区ほか)、
神奈川県(横浜市、川崎市、相模原市ほか)、千葉県(千葉市、
船橋市、松戸市ほか)、埼玉県(さいたま市、川口市ほか)
及び栃木県、茨城県、群馬県、関東一円をカバー。フットワ−ク良く対応致します。お気軽にお問合せ下さい。
■お役立ちリンク■
■事務所所在地■
東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F
TEL 03-6225-2595

創業時の事務所は埼玉県さいたま市でした。その後東京都港区北青山、横浜市中区みなとみらい、 また東京に戻り、渋谷区神宮前、新宿区西早稲田、東京都千代田区西神田と事務所を移して10年超の間、業務を行っていましたが、手狭になったため2014年6月に、東京都千代田区大手町へと移ってきました。 現在の事務所があるこの場所は、丸の内エリアで大手企業が集積し 結構賑やかなのですが、なんとなく落ち着く居心地の良い場所です。
(→ロケーション

■業務領域■
記帳代行、経理アドバイス、決算処理、法人税申告、消費税申告、事業税申告(外形標準課税対応)、償却資産税申告、個人所得税確定申告、 法定調書合計表、給与計算、賞与計算、社会保険手続き、会社設立、資金調達、中小企業新事業活動促進法の経営革新の承認申請、資金繰り指導、 経営計画策定サポート、税理士セカンドオピニオン、税務調査立会い、源泉所得税計算(給与賞与、退職金、報酬、配当、非居住者)、 有限責任事業組合(LLP)設立、有限責任事業組合(LLP)事務運営代行、企業再生支援、ベンチャー起業サポート、販売管理代行、 請求書発行管理、振込み代行などバックオフィス業務のアウトソーシング全般カバーしています。


 4,980円から始める経理会計及び記帳代行。9,500円から始める税務顧問。 東京で税理士事務所、会計事務所をお探しの方へ
スマートアカウンティング東京にお任せ下さい。
〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F