• 電話番号
  • 東京の税理士
メニュー
サービス
料金
お問い合せ
0120-62-1090

11   〜個人事業者への報酬に対する源泉所得税〜
フリーランスのふりをする !?


フリーランスのふりをする !?

1. 消費税の損得計算から、給与より報酬(個人外注)として支払う 方が得(あなたの会社が免税事業者の場合は損得なし)
2. 給与になるのか報酬(個人外注)になるのかは、契約書の内容と 4 つの判断基準がポイント
3. 報酬の場合、税務上限定列挙された所得の種類に該当とすると源 泉徴収が必要となる

「フリーランスのふりをする !?」に関する解説は以下の通りです。 お役に立てれば幸いです。

会社設立・経営にともなう税務に関する、 さらに具体的なアドバイス・サポートが必要な場合は、
お気軽にお問い合せ下さい。
 メールはコチラ お電話はコチラ
税理士を東京で探すなら
免許皆伝解説
支払うお金が給与か報酬かで消費税額が変わってくる!
ここでは、個人事業主への報酬に対する源泉所得税について考えてみます。
例えば、仕事を依頼した人と、「12 ヶ月間、毎月 105 万円を支払う(年 間 1,260 万円)」という契約を交わしたとしましょう。この場合、契約社員 のような扱いで、給与として支払う方法と、業務委託費扱いにし、報酬で払 う方法とどちらがよいのでしょうか。


1. どちらに該当するか判断するには?
仕事を依頼した相手に支払うお金が給与になるか、報酬になるかについて は、以下のような判断基準で決める必要があります。

@形式基準

そもそも、相手と交わした契約書が、「雇用契約書」か業務の「請負契約書」 かが判断基準となります。雇用契約書の場合は給与、業務契約書の場合は報 酬になります。 また、相手が「個人事業の開設届」を提出しているかどうかも大切なポイ ントです。業務請負契約を交わすためには、相手が個人事業主である必要が あるので、「個人事業の開設届」を提出していなければなりません。

A実質基準

こちらは、業務を業務を遂行する際の実質的なことについて判断する方法 です。

(イ)時間的拘束を設けているかどうか…… 業務を遂行する際に時間的な拘束があれば雇用(給与)、なければ請負(報酬)になります。

(ロ)作業の指示を発注元から個別に受けているか…… 発注元から具体的な作業指示を受けているのであれば、雇用(給与)と考えられ、発注元から 指示を受けないで作業を行う場合は請負(報酬)となります。

(ハ)不可抗力で成果物を納品できなかった場合でも請求されるか?…… トラブル等で業務が完了していなくても、雇用なら給与を受けることができます。 一方、個人事業主として請負の場合は納品できなければ請求できません。

(ニ)他社の仕事を同時に受注することが可能か?…… 雇用契約を交わしていれば、通常同時に、他社の仕事を引き受けることはできませんので、判 断基準となります。

ここで挙げた(イ)〜(ニ)までの基準について一部分は雇用(給与)、 残りは請負(報酬)に該当するというケースがとても多いのが現状です。そ のため雇用としたいのか、請負としたいのかをあらかじめ明確にし、契約書を作成しておくことが重要です。 税務調査でこのポイントを指摘されることがよくありますので、判断に迷った場合は、 専門家に相談してください。というのも、給与にするか報酬にするかで 納める税額が変わってくることがあるからです。


2. 契約社員扱いにし、給与として支払う場合
仕事を依頼した人を契約社員のような扱いにし、給与として支払う場合、 その給与からは源泉徴収する必要があります。源泉徴収額は給与の源泉徴収 の甲欄、乙欄で計算します。
税金の面からメリット・デメリットを考えてみましょう。給与として支払 う場合、メリットは特にありません。
 デメリットは消費税の課税対象外となることです。人件費には税金がかかりませんので、 それだけ消費税の税負担が大きくなってしまいます。


3. 業務委託扱いにし、報酬として支払う場合
業務委託費(報酬)として支払う場合、まず源泉徴収が必要かどうかを判断する必要があります。 この判断基準は、支払う報酬が「報酬または料金等にかかる源泉徴収税額表」に当てはまるかどうかです。 次ページの表に当てはまらない場合、源泉徴収は不要となります。
例えばコンピュータのプログラムを書く業務を依頼した場合、 表に当てはまらないので源泉徴収は必要ないということになります。
支払う報酬が次ページの表に当てはまる場合、決められた額を源泉徴収し、 支払月の翌月 10 日までに納付しなければなりません(給与や弁護士・会計士・ 税理士等の専門家報酬のように年2回6カ月分をまとめて支払う納期特例制 度は使えません)。例えば、先ほどのコンピュータのプログラムは源泉徴収 の必要がありませんが、ホームページのデザインを依頼した場合は、デザイン業務 になりますので、源泉徴収する必要があるわけです。
ただし、源泉徴収の必要がない報酬について、源泉徴収したからといって、 税務署からとがめられることはありません。比較的大きな企業の場合、個人 に対する支払いは一律で源泉徴収していることもあります。
万が一請求書に源泉徴収税額の記載がなければ、先方に連絡を入れた上で、 自主的に 10%減額した金額を支払っても税務上問題ありません。
例えば、請求書が次のような内容だった場合、報酬額の 10%ではなく、 合計額の 10%を天引きして支払うようにして下さい。

<請求書>
報 酬 100,000 円
消費税 5,000 円
合計額 105,000 円

税務上、報酬 100,000 円の 10%の 10,000 円が源泉所得税である旨、 明記されていない限り、合計額 105,000 円の 10%の 10,500 円が源泉所得税額 として天引き対象となってしまいます。もちろん先方に請求書を訂正してもらえば 良いだけですが。
それでは、報酬として支払った場合の税務上のメリット、デメリットについて考えてみましょう。
まずメリットとして挙げられるのが、報酬の支払いは消費税の課税対象となることです。 そのため、報酬として支払った金額を、売上高にかかる消費税から差し引くことができます。
デメリットとしては、手続きの煩雑さが考えられます。受け取る請求書には源泉徴収税額を明記してもらい、 源泉徴収税額を天引きしたうえで納付しなければなりません。
納付もれがあると、不納付加算税や延滞税といったペナルティも課されます。
報酬または料金等にかかる源泉所得税額


4. 報酬だと支払額が増える?
よく受ける質問に、「消費税免税事業者の個人事業主だから、消費税を支払わなくてもよいのでは?」 というものです。「給与ではなく、報酬扱いにしてしまうと、プラス5%の消費税分多く支払わなければならないのでは?」 という質問もあります。
個人事業主が免税事業者であるか、課税事業者であるかを問わず、支払った報酬は消費税の対象となります(課税仕入れ)。
また、個人事業主が課税事業者の場合、別途消費税を要求されるか否かは、当事者間の契約ごとです。 税込みで○○万円、と決めてしまえば問題は生じません。

 契約後に「うちは課税事業者だから消費税分を別途支払ってくれ」と言われたりしないように、 契約時に税込みなのか、税別なのかを確認しておくことをおすすめします。 もちろん、課税事業者だからと言ってあなたの会社が別途消費税を支払わなければならないということは全くありません。


免責事項

ご利用上の注意

『免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ』は記載内容について、私見であったり、税制改正により正確性を欠く場合があります。読者の皆様の個別要因及び認識や課税当局への主張の仕方により、税務リスクを負う可能性も十分考えられますので、実務上のご判断は、改めて専門家のアドバイスのもと、行うようにして下さい。弊社は別途ご契約を交わした上で、アドバイスする場合を除き、当サイトの情報に基づき不利益を被った場合、一切の責任を負いませんので、予めご了承下さい。

税理士を東京で探す!ワンポイント解説


ホームページを検索すると、東京近郊で税理士・会計事務所がたくさんヒットしますが、
判断基準がないと、自分に合う会計事務所を探すのが難しくなってしまいます。
判断基準とはどういったものでしょう?


税理士を東京で探すポイント解説の詳細は⇒コチラ


東京で税理士をお探しの女性経営者の方


女性の起業家・経営者に関するリサーチで、男性経営者との違いは!
〇苦労している点
「家事・育児・介護と仕事の両立」
〇大切にしている視点
「ワークライフバランス」
〇苦手な業務分野
「経営や税務会計に関するノウハウ・専門知識に自信が無い」


これらを踏まえた、「専門家としての経営パートナー」をお探しの
女性起業家・経営者の方は⇒コチラ



事務所アクセス



事務所所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F


■ 大手町駅 B2aまたはA5出口から徒歩1分以内)

千代田区大手町から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅

■ JR東京駅・丸の内北口(地下)より徒歩5分

JR東京駅から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅
【事務所地図】

▶ 大きい地図で見る

このページのTOPへ

フリーダイヤル0120-62-1090

会社設立手数料激安

会社設立のタイミングを年齢別に考える…

年齢別に考える起業のタイミング
起業時、どうする!?
起業時、どうする!?
税制・経営最前線!
税制・経営最前線!
免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ
免許皆伝−会計事務所の実践ノウハウ

アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

  • プロローグ
  • 第1章 人生のターニングポイント  〜まさかの配置転換〜
  • 第2章 起業に向けて  〜会社組織 vs. 個人事業主〜
  • 第3章 会社設立  〜資本の論理とエンジェル〜
  • 第4章 新米社長奮闘記  〜究極の三択!?捨てる仕事、拾う仕事〜
  • 第5章 起業から企業への第一歩  〜良い借金、悪い借金〜
アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

創業融資レポート
■スマートアカウンティング東京 サービスのお問合せはこちらから フリーダイヤル0120-62-1090

■サービスエリア■
東京都(千代田区、港区、渋谷区、新宿区、品川区ほか)、
神奈川県(横浜市、川崎市、相模原市ほか)、千葉県(千葉市、
船橋市、松戸市ほか)、埼玉県(さいたま市、川口市ほか)
及び栃木県、茨城県、群馬県、関東一円をカバー。フットワ−ク良く対応致します。お気軽にお問合せ下さい。
■お役立ちリンク■
■事務所所在地■
東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F
TEL 03-6225-2595

創業時の事務所は埼玉県さいたま市でした。その後東京都港区北青山、横浜市中区みなとみらい、 また東京に戻り、渋谷区神宮前、新宿区西早稲田、東京都千代田区西神田と事務所を移して10年超の間、業務を行っていましたが、手狭になったため2014年6月に、東京都千代田区大手町へと移ってきました。 現在の事務所があるこの場所は、丸の内エリアで大手企業が集積し 結構賑やかなのですが、なんとなく落ち着く居心地の良い場所です。
(→ロケーション

■業務領域■
記帳代行、経理アドバイス、決算処理、法人税申告、消費税申告、事業税申告(外形標準課税対応)、償却資産税申告、個人所得税確定申告、 法定調書合計表、給与計算、賞与計算、社会保険手続き、会社設立、資金調達、中小企業新事業活動促進法の経営革新の承認申請、資金繰り指導、 経営計画策定サポート、税理士セカンドオピニオン、税務調査立会い、源泉所得税計算(給与賞与、退職金、報酬、配当、非居住者)、 有限責任事業組合(LLP)設立、有限責任事業組合(LLP)事務運営代行、企業再生支援、ベンチャー起業サポート、販売管理代行、 請求書発行管理、振込み代行などバックオフィス業務のアウトソーシング全般カバーしています。


 4,980円から始める経理会計及び記帳代行。9,500円から始める税務顧問。 東京で税理士事務所、会計事務所をお探しの方へ
スマートアカウンティング東京にお任せ下さい。
〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F