• 電話番号
  • 東京の税理士
メニュー
サービス
料金
お問い合せ
0120-62-1090
>

10   〜社員・アルバイトへの給与支払いと税金・保険〜
嬉しかった給料日が憂鬱な日に !?


嬉しかった給料日が憂鬱な日に !?

1.社会保険に加入した場合、額面給与の 2 割増しの人件費を見込む 必要あり
2.源泉税の納付を年2回としている場合、また労働保険申告にとも なう保険料の支払い時(毎年 7 月)には、資金繰りに注意する
3. 人件費には消費税がかからないため、人件費割合が高い会社の場 合、消費税の負担が重くなる

「嬉しかった給料日が憂鬱な日に !?」に関する解説は以下の通りです。 お役に立てれば幸いです。

会社設立・経営にともなう税務に関する、 さらに具体的なアドバイス・サポートが必要な場合は、
お気軽にお問い合せ下さい。
 メールはコチラ お電話はコチラ
税理士を東京で探すなら
免許皆伝解説
給与関連費用とキャッシュフローに注意しよう
人件費をどう捉えるか、経営者の勘どころについて考えてみましょう。 そもそも、人件費を考えるには、3ステップがあります。

 ステップ1 自分および身内だけで切り盛りする

  →当然、人件費は発生しない(自分や妻などの役員報酬だけ)

 ステップ2 アルバイトを使うようになる

  →時給または月給に交通費を加算する
    給与に対する源泉徴収は1人あたり数千円レベルですむことが多 く、それほど考慮を要さない

 ステップ3 社員を採用する

  → 人件費負担を考慮しなければ、赤字経営や資金繰りが窮地に陥るこ とになる


1. 社員を採用したときにかかる給与以外のお金
上記の3つのステップのうち、やはり一番考慮が必要なのはステップ3で す。 ステップ2の源泉徴収とは、アルバイトや社員に支払う給与から所得税分 を天引きして、会社が個人に代わって納付することです。もちろん、資金繰 りに影響してくることですが、アルバイトの源泉徴収であれば、数千円レベ ルですむのがほとんどですので、深刻に考える必要はないでしょう。 ところが、ステップ3の社員となると、そうはいきません。 例えば、下図のモデルケースで見てみましょう。
給与にかかる源泉所得税、社会保険料
社員を3名採用し、給与をAが 35 万円、Bが 30 万円、Cが 25 万円と すると、単純に合計で「人件費は 90 万円」と考えがちです。 しかし、ここに落とし穴があります。会社が負担する社会保険料があるか らです。


2. 会社負担分を考慮した人件費は給与額の 120%
 それでは、社会保険料について見てみましょう。
社会保険料の個人負担と会社負担
社会保険には、個人負担分と会社負担分があり、個人負担分については、 支払う給与から天引きします。そのうえで、会社負担分をあわせて、会社が 納めるというしくみです。 政府管掌(かんしょう)の健康保険の場合、保険料は賃金 ( 給与+通勤費等 ) の概ね 8.2% です。これを個人と会社で 50%ずつ負担します。
※平成 21 年 9 月以降、都道府県ごとに設定されます。ちなみに、料率が 低いところは長野県で 8.15%、高いところは北海道で 8.26%です。参考ま でに東京都は 8.18%、大阪府は 8.22%となっています(平成 21 年 9 月現在)。 その他の厚生年金保険、雇用保険、労災保険も合わせると、会社が負担す る料率は 13.125%となります。 金額にして計算してみましょう。
給与手取り額と会社負担社会保険料と総支払額
この計算では、毎月の総支払額の合計は約 105 万円となります。その他 もろもろ費用がかさむことを加味すると、「人件費は額面給与の 120%」と 考えておく必要があるでしょう。


3. 源泉徴収した所得税を年2回支払う場合の注意点
源泉徴収は、基本的に毎月、源泉徴収して、翌月の 10 日までに支払います。 しかし、事務作業が繁雑になるため、10 人未満の会社では、届け出をする と納付を年 2 回にすることができます。 ただし、半年分をまとめて払うことになるため、キャッシュフローに注意 しなければなりません。 また、労働保険料の支払いは、年に1回です。これも1年間分をまとめて 支払うため、資金繰りに注意しましょう。


4. 人件費割合が高い会社の注意点
極端な例ですが、下記のような損益計算書の会社があった場合、消費税は 売上げ 1,200 万円の5%を支払う必要があります。すなわち 60 万円(1,200 万円×5%)です。
人件費が高い会社の留意点
これは、人件費相当額が「消費税の課税仕入」に該当しないためです。消 費税は、たとえ利益が発生しなくても支払う必要があります。経営者の方が よく間違えるポイントですので十分に注意して、資金繰りを考えましょう。


免責事項

ご利用上の注意

『免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ』は記載内容について、私見であったり、税制改正により正確性を欠く場合があります。読者の皆様の個別要因及び認識や課税当局への主張の仕方により、税務リスクを負う可能性も十分考えられますので、実務上のご判断は、改めて専門家のアドバイスのもと、行うようにして下さい。弊社は別途ご契約を交わした上で、アドバイスする場合を除き、当サイトの情報に基づき不利益を被った場合、一切の責任を負いませんので、予めご了承下さい。

税理士を東京で探す!ワンポイント解説


ホームページを検索すると、東京近郊で税理士・会計事務所がたくさんヒットしますが、
判断基準がないと、自分に合う会計事務所を探すのが難しくなってしまいます。
判断基準とはどういったものでしょう?


税理士を東京で探すポイント解説の詳細は⇒コチラ


東京で税理士をお探しの女性経営者の方


女性の起業家・経営者に関するリサーチで、男性経営者との違いは!
〇苦労している点
「家事・育児・介護と仕事の両立」
〇大切にしている視点
「ワークライフバランス」
〇苦手な業務分野
「経営や税務会計に関するノウハウ・専門知識に自信が無い」


これらを踏まえた、「専門家としての経営パートナー」をお探しの
女性起業家・経営者の方は⇒コチラ



事務所アクセス



事務所所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F


■ 大手町駅 B2aまたはA5出口から徒歩1分以内)

千代田区大手町から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅

■ JR東京駅・丸の内北口(地下)より徒歩5分

JR東京駅から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅
【事務所地図】

▶ 大きい地図で見る

このページのTOPへ

フリーダイヤル0120-62-1090

会社設立手数料激安

会社設立のタイミングを年齢別に考える…

年齢別に考える起業のタイミング
起業時、どうする!?
起業時、どうする!?
税制・経営最前線!
税制・経営最前線!
免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ
免許皆伝−会計事務所の実践ノウハウ

アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

  • プロローグ
  • 第1章 人生のターニングポイント  〜まさかの配置転換〜
  • 第2章 起業に向けて  〜会社組織 vs. 個人事業主〜
  • 第3章 会社設立  〜資本の論理とエンジェル〜
  • 第4章 新米社長奮闘記  〜究極の三択!?捨てる仕事、拾う仕事〜
  • 第5章 起業から企業への第一歩  〜良い借金、悪い借金〜
アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

創業融資レポート
■スマートアカウンティング東京 サービスのお問合せはこちらから フリーダイヤル0120-62-1090

■サービスエリア■
東京都(千代田区、港区、渋谷区、新宿区、品川区ほか)、
神奈川県(横浜市、川崎市、相模原市ほか)、千葉県(千葉市、
船橋市、松戸市ほか)、埼玉県(さいたま市、川口市ほか)
及び栃木県、茨城県、群馬県、関東一円をカバー。フットワ−ク良く対応致します。お気軽にお問合せ下さい。
■お役立ちリンク■
■事務所所在地■
東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F
TEL 03-6225-2595

創業時の事務所は埼玉県さいたま市でした。その後東京都港区北青山、横浜市中区みなとみらい、 また東京に戻り、渋谷区神宮前、新宿区西早稲田、東京都千代田区西神田と事務所を移して10年超の間、業務を行っていましたが、手狭になったため2014年6月に、東京都千代田区大手町へと移ってきました。 現在の事務所があるこの場所は、丸の内エリアで大手企業が集積し 結構賑やかなのですが、なんとなく落ち着く居心地の良い場所です。
(→ロケーション

■業務領域■
記帳代行、経理アドバイス、決算処理、法人税申告、消費税申告、事業税申告(外形標準課税対応)、償却資産税申告、個人所得税確定申告、 法定調書合計表、給与計算、賞与計算、社会保険手続き、会社設立、資金調達、中小企業新事業活動促進法の経営革新の承認申請、資金繰り指導、 経営計画策定サポート、税理士セカンドオピニオン、税務調査立会い、源泉所得税計算(給与賞与、退職金、報酬、配当、非居住者)、 有限責任事業組合(LLP)設立、有限責任事業組合(LLP)事務運営代行、企業再生支援、ベンチャー起業サポート、販売管理代行、 請求書発行管理、振込み代行などバックオフィス業務のアウトソーシング全般カバーしています。


 4,980円から始める経理会計及び記帳代行。9,500円から始める税務顧問。 東京で税理士事務所、会計事務所をお探しの方へ
スマートアカウンティング東京にお任せ下さい。
〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F