• 電話番号
  • 東京の税理士
メニュー
サービス
料金
お問い合せ
0120-62-1090

01   【会社経営のタックス解説】
「中古ベンツ」の社用車がお得な理由




Q1.社用車を中古の高級外車にすれば、企業が得をする理由を簡単にお教えください。




企業が利益を出している場合、当然ながら法人税を納めなければなりません。しかし少しでも利益を圧縮したいと考える経営者にとって、中古の高級外車は選択しやすい節税策の1つと言えます。

簡単にポイントを説明すると、

(1)高額であること(少額では、利益圧縮の効果も少なくなります)
(2)早期費用化が可能であること
(税務上の耐用年数が長く、長期に渡って費用化されるようでは、即効性がありません)
(3)公私を問わず所有によるステイタスを享受できること
  (自尊心をくすぐり、周囲に信頼感を与える場合もあります)
(4)中古車流通市場が確立されていて、容易に売却出来ること
  (再販により換金出来ることも重要です)

以上のような理由が挙げられます。


Q2.例えば会社経営者が自分の車を社用車にすることは認められるのでしょうか?




可能ですが、しかし、しっかりと勘所を押さえておくことが重要です。

税務上、認められる、認められないという議論をする時、何により判断されるのかという指標が曖昧なまま議論されることが少なくありません。

* 税法上のルールとして認められる、認められないを議論するのか?
* 税務調査を受けた際、税務署は費用化を認めてくれるのか否か?

この2つを分けて、理解することが大切です。

まず税法上のルールとしては、事業に専ら使用される車であれば、自分の車を事業転用したとしても、問題なく費用として認められます。
逆に言うと会社で購入した会社名義の車であったとしても、プライベートで使う目的で購入したと言えば、費用となりません。
経営者に対する賞与とみなされて、会社の費用にならない(役員賞与は、一部の例外を除き、費用として認められず、法人税課税の対象となります)だけでなく、経営者に所得税・住民税課税が生じる結果となります。
この原理原則を忘れないようにしないといけません。

次に実際巷で、認められるか否かという議論は、本質として税務調査にて認められるか否かについて行われていると言えます。

仮に税務調査を受けたとして、プライベートのために車を購入しましたと言う経営者はいません。
そして本来事実関係に基づき判断されるべき(実態基準)ことなのですが、税務署側もその経営者がどのような意図で車を購入したのか、本当のところは、本人ではないのでその気持、意思は分かり得ません。そこで、重要なのが、客観的な事実と状況(形式基準)となります。

前置きが長くなりましたが、自分の車を社用車にすることが出来るかというと、それは可能です。
一番良い方法は、自分の車を陸運局で名義変更し、車の所有者を会社に変えることです。
その際自分の車の時価を中古車買取店で査定を受けたり、インターネットで同じ車種年式の車の中古車価格を検索するなどして、調べて下さい。
その時価をもとに減価償却していくことが出来ます。

次に、名義を変更しない場合は注意が必要です。
経営者がいくら社用車だと主張しても一週間の内、どの程度社用車として使用しているかを問われることとなります。
月曜日から金曜日まで毎日取引先を回るために使用するのであれば、5日間となります。
費用化出来るのは、5日/7日(約71%)相当となります。
そこまで使用頻度について明確な説明が出来ない場合は、その割合はさらに下がります。
すなわち形式基準で対応が出来ていないが故に、実態基準で費用化せざるを得ないことになります。そのためあまりお薦めできる選択ではありません。

そこで税務実務上、代替案として浮上するのが次の2つです。ここではアイディアとして列挙するに留めたいと思います。

(1)経営者個人と会社で車の売買契約を締結するが名義変更を行わない場合
(2)経営者個人と会社で車のリース契約を締結する場合

これらの選択を行う際は、必ず税理士と相談の上、進めることが重要です。




Q3.経費の減価償却とはどのようなことですか? 定額法と定率法についてお教えください。




会社で必要なものを購入すると基本的に、購入した時点で費用となります。
しかし一定金額以上のもので、かつ1年以上使用されるものは、購入した時点で全額費用にはなりません。
減価償却という考え方のもと、その購入物の耐用年数(使用可能期間)に渡って、費用化していく必要があります。
そのルールが減価償却計算であり、計算の結果、費用化される部分が減価償却費となります。

減価償却で重要なことは、耐用年数と減価償却方法の2つです。ここでは減価償却の方法について説明します。

一般的に減価償却の方法には、定額法と定率法があります。定額法は字のごとく、耐用年数で定額均等に減価償却を毎年行う方法です。

 例) 耐用年数5年の場合:償却率0.2
    購入資産の価額:100万円
    購入時期:7月1日(12月末まで6ヶ月間)
    事業年度:1月〜12月末
    <減価償却費計算>
      購入初年度: 100万円×0.2×6ヶ月/12ヶ月=10万円
    2年目:  100万円×0.2=20万円

一方定率法は以下のような計算となります。

 例) 耐用年数5年の場合:償却率0.4
    購入資産の価額:100万円
    購入時期:7月1日(12月末まで6ヶ月間)
    事業年度:1月〜12月末

         <減価償却費計算>
    購入初年度: 100万円×0.4×6ヶ月/12ヶ月=20万円
    2年目: (100万円−20万円)×0.4=32万円  
    ※残存する帳簿価額が少なくなると算式が複雑になります。

以上のように、定率法の方が、早期に費用化出来ることが分かります。

また、次の税法上のルールにもご注意下さい。

 (1)会社の場合、定率法が原則
 (2)個人事業主の場合、定額法が原則 
   (定率法の選択届を税務署に提出することで、変更可能ですが、提出期限に注意して下さい。)
 (3)車は、定率法を採用できますが、建物のように定額法以外選択出来ないものもあります。 


Q4.Q1と被るかもしれませんが、社用車にするなら新車より中古車な理由をお願いいたします。




新車の耐用年数は6年です。中古車の場合は、以下の算式により計算した結果が耐用年数となります。

  新車の耐用年数(6年)−新車登録からの経過年数
   + 新車登録からの経過年数×20% =中古車の耐用年数(年未満切捨)

 ※計算結果が2年未満となった場合は、2年となります。

例えば、新車から4年経過した中古車の場合、

  新車の耐用年数(6年)−新車登録からの経過年数(4年)
   + 新車登録からの経過年数(4年)×20% = 2.8→2年(年未満切捨)

となり、最短2年の減価償却が可能となります。早期に費用化が可能ということから、新車よりも中古車の方が節税面で有利と言えます。


Q5.社用車を購入するベストなタイミングはあるのでしょうか? 法人の決算時期との関係をお願いします。




上記Q3の例で挙げましたが、購入した事業年度の減価償却費の計算は月数按分されます。
そのため、出来るだけ初年度に減価償却費を大きくするためには、早期に購入する以外ありません。
ただ減価償却費計算は月単位で計算しますので、購入し納車される日が、今月の30日と来月1日では、減価償却費が1ヶ月分変わってきますので、月末月初辺りの納車であれば、少し無理をしてでも月末に納車してもらった方がお得となります。


Q6.社用車として中古の高級ベンツを購入することのデメリット、あるいは注意点などあるのでしょうか?




中古の高級ベンツに限ったことではありませんが、高級外車の中でも個人の趣味嗜好性の強い車は、Q2で説明しましたプライベート使用目的ではないかという目で税務署から見られる可能性があります。

例えば、2ドアのスポーツタイプの場合、業務への必要性よりも経営者本人の趣味ではないかと疑われる可能性があります。
特にイタリア製の高級車のように中古車でも1500万円を超えるような車種の場合、業務必要性を説明出来るようにしておく必要があります。

また節税に効果的だということで、2台目、3台目を購入するというのも、同様に業務への必要性が疑われますので、注意が必要です。




おわりに


経営者にとって、中古ベンツを購入するか否かは、経営判断の1つと言えます。
その購入によるメリットとデメリットをしっかりと見据えて判断する必要があります。
盲目的に節税に効果的だからという理由で、中古ベンツを購入しても、極論、節税額よりも購入代金として支出する金額の方が大きく、さらに維持コスト(駐車場、車検、保険、修理コストなど)もかかります。
何をメリットとして捉えるか、そのメリットは上述のコストよりも大きいのか、という冷静な目線で判断するのが、スマートな経営者ではないでしょうか。



免責事項

ご利用上の注意

【会社経営のタックス解説】は記載内容について、私見であったり、税制改正により正確性を欠く場合があります。読者の皆様の個別要因及び認識や課税当局への主張の仕方により、税務リスクを負う可能性も十分考えられますので、実務上のご判断は、改めて専門家のアドバイスのもと、行うようにして下さい。弊社は別途ご契約を交わした上で、アドバイスする場合を除き、当サイトの情報に基づき不利益を被った場合、一切の責任を負いませんので、予めご了承下さい。


税理士を東京で探す!ワンポイント解説


ホームページを検索すると、東京近郊で税理士・会計事務所がたくさんヒットしますが、
判断基準がないと、自分に合う会計事務所を探すのが難しくなってしまいます。
判断基準とはどういったものでしょう?


税理士を東京で探すポイント解説の詳細は⇒コチラ


東京で税理士をお探しの女性経営者の方


女性の起業家・経営者に関するリサーチで、男性経営者との違いは!
〇苦労している点
「家事・育児・介護と仕事の両立」
〇大切にしている視点
「ワークライフバランス」
〇苦手な業務分野
「経営や税務会計に関するノウハウ・専門知識に自信が無い」


これらを踏まえた、「専門家としての経営パートナー」をお探しの
女性起業家・経営者の方は⇒コチラ



事務所アクセス



事務所所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F


■ 大手町駅 B2aまたはA5出口から徒歩1分以内)

千代田区大手町から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅

■ JR東京駅・丸の内北口(地下)より徒歩5分

JR東京駅から東京 税理士 会計事務所 − スマートアカウンティング東京 最寄り駅
【事務所地図】

▶ 大きい地図で見る

このページのTOPへ

フリーダイヤル0120-62-1090

会社設立手数料激安

会社設立のタイミングを年齢別に考える…

年齢別に考える起業のタイミング
起業時、どうする!?
起業時、どうする!?
税制・経営最前線!
税制・経営最前線!
免許皆伝 会計事務所の実践ノウハウ
免許皆伝−会計事務所の実践ノウハウ

アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

  • プロローグ
  • 第1章 人生のターニングポイント  〜まさかの配置転換〜
  • 第2章 起業に向けて  〜会社組織 vs. 個人事業主〜
  • 第3章 会社設立  〜資本の論理とエンジェル〜
  • 第4章 新米社長奮闘記  〜究極の三択!?捨てる仕事、拾う仕事〜
  • 第5章 起業から企業への第一歩  〜良い借金、悪い借金〜
アイコン_150の成功と失敗に学ぶ起業

創業融資レポート
■スマートアカウンティング東京 サービスのお問合せはこちらから フリーダイヤル0120-62-1090

■サービスエリア■
東京都(千代田区、港区、渋谷区、新宿区、品川区ほか)、
神奈川県(横浜市、川崎市、相模原市ほか)、千葉県(千葉市、
船橋市、松戸市ほか)、埼玉県(さいたま市、川口市ほか)
及び栃木県、茨城県、群馬県、関東一円をカバー。フットワ−ク良く対応致します。お気軽にお問合せ下さい。
■お役立ちリンク■
■事務所所在地■
東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F
TEL 03-6225-2595

創業時の事務所は埼玉県さいたま市でした。その後東京都港区北青山、横浜市中区みなとみらい、 また東京に戻り、渋谷区神宮前、新宿区西早稲田、東京都千代田区西神田と事務所を移して10年超の間、業務を行っていましたが、手狭になったため2014年6月に、東京都千代田区大手町へと移ってきました。 現在の事務所があるこの場所は、丸の内エリアで大手企業が集積し 結構賑やかなのですが、なんとなく落ち着く居心地の良い場所です。
(→ロケーション

■業務領域■
記帳代行、経理アドバイス、決算処理、法人税申告、消費税申告、事業税申告(外形標準課税対応)、償却資産税申告、個人所得税確定申告、 法定調書合計表、給与計算、賞与計算、社会保険手続き、会社設立、資金調達、中小企業新事業活動促進法の経営革新の承認申請、資金繰り指導、 経営計画策定サポート、税理士セカンドオピニオン、税務調査立会い、源泉所得税計算(給与賞与、退職金、報酬、配当、非居住者)、 有限責任事業組合(LLP)設立、有限責任事業組合(LLP)事務運営代行、企業再生支援、ベンチャー起業サポート、販売管理代行、 請求書発行管理、振込み代行などバックオフィス業務のアウトソーシング全般カバーしています。


 4,980円から始める経理会計及び記帳代行。9,500円から始める税務顧問。 東京で税理士事務所、会計事務所をお探しの方へ
スマートアカウンティング東京にお任せ下さい。
〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目1番1号大手町野村ビル16F