太陽光発電設備の耐用年数は?税法上のルールを解説!

太陽光発電設備の耐用年数は?税法上のルールを解説! 太陽光発電設備を減価償却するためには、耐用年数が何年であるかを正確に把握する必要があります。 そして国税庁では、太陽光発電設備の耐用年数として「17年」と「9年」という2つの見解を提示しています。 果たしてどちらの耐用年数を適用すればいいのでしょうか?ここでは、税法上のルールを正しく読み解きます。 目次 耐用年数17年を適用するのが原則 例外 […]

太陽光発電設備を減価償却する方法

太陽光発電設備を減価償却する方法 購入した太陽光発電設備を費用化するためには、減価償却を行う必要があることをご存じでしたか?メンテナンス費用や修繕費についてはその年の費用に計上することができますが、太陽光発電設備は減価償却資産となるため、計算することによって導き出す「減価償却費」を計上することで、初めて費用にすることが可能となります。 ここでは、太陽光発電設備を減価償却する方法についてご紹介してい […]

中古資産の耐用年数は何年で計算すればいいのか?

中古資産の耐用年数は何年で計算すればいいのか? 中古資産を減価償却するためには、「法定耐用年数」ではなく「使用可能期間」を見積もる必要があります。 中古資産の耐用年数(使用可能基幹)の簡便法による具体的な計算方法について解説していきます。 合わせて、実際にどのように減価償却を進めていくのかをご紹介していきます。 中古資産の減価償却の概要については、『中古資産の具体的な減価償却方法について解説』にて […]

中古資産の具体的な減価償却方法について解説

中古資産の具体的な減価償却方法について解説 減価償却とは、資産価値を数値化する目的で行う会計処理のことをいいます。 中古資産については既に資産価値が減少している状態での購入となるため、新規購入資産とは減価償却の方法が異なります。 今回は中古資産の具体的な減価償却方法について解説していきます。是非参考にしてみてください。 目次 中古資産は法定耐用年数ではなく「使用可能期間」として見積もられた年数を […]