日本と中華民国(台湾)の日台民間租税取決め(日台租税協定)における主要税率

日本と中華民国(台湾)の日台民間租税取決め(日台租税協定)における主要税率 |-中華民国(台湾)と租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的 […]

日本とシンガポール共和国の租税条約(日星租税条約)における主要税率

日本とシンガポール共和国の租税条約(日星租税条約)における主要税率 |-シンガポールと租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的としています […]

日本とインドの租税条約(日印租税条約)における主要税率

日本とインドの租税条約(日印租税条約)における主要税率 |-インドと租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的としています。 ここでは、日本 […]

日本と大韓民国の租税条約(日韓租税条約)における主要税率

日本と大韓民国の租税条約(日韓租税条約)における主要税率 |-韓国と租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的としています。 ここでは、日本 […]

日本とドイツ連邦共和国の租税条約(日独租税条約)における主要税率

日本とドイツ連邦共和国の租税条約(日独租税条約)における主要税率 |-ドイツと租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的としています。 ここ […]

日本とフランス共和国の租税条約(日仏租税条約)における主要税率

日本とフランス共和国の租税条約(日仏租税条約)における主要税率 |-フランスと租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的としています。 ここ […]

日本と香港/中華人民共和国香港特別行政区の租税条約(日本香港租税条約)における主要税率

日本と香港/中華人民共和国香港特別行政区の租税条約(日本香港租税条約)における主要税率 |-香港と租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的 […]

日本と中華人民共和国の租税条約(日中租税条約)における主要税率

日本と中華人民共和国の租税条約(日中租税条約)における主要税率 |-中国と日中租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的としています。 ここ […]

日本とイギリス/英国の租税条約(日英租税条約)における主要税率

日本とイギリス/英国の租税条約(日英租税条約)における主要税率 |-イギリス/英国と日英米租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的としてい […]

日本とアメリカ合衆国の租税条約(日米租税条約)における主要税率

日本とアメリカ合衆国の租税条約(日米租税条約)における主要税率 |-アメリカ合衆国と日米租税条約 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する課税(特に所得課税)上のルールです。 二国間でルールを定めることで、 – 二重課税の回避 – 課税の免除や税率の引き下げによる経済活動、人的交流の活性化 – 双方税務当局の相互情報交換制度の整備など を図ることを目的としていま […]

経営者と財務・経理担当者のための租税条約入門

経営者と財務・経理担当者のための租税条約入門 財務省HPによりますと、平成29 年8月1日現在、日本の租税条約締結先は、69 条約等、120 か国・地域で適用されています。 【参考サイト】 ▶http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/international/182.pdf |-経営者と企業担当者のための租税条約入門 租税条約とは、諸外国との二国間で締結する […]

太陽光発電設備の耐用年数は?税法上のルールを解説!

太陽光発電設備の耐用年数は?税法上のルールを解説! 太陽光発電設備を減価償却するためには、耐用年数が何年であるかを正確に把握する必要があります。 そして国税庁では、太陽光発電設備の耐用年数として「17年」と「9年」という2つの見解を提示しています。 果たしてどちらの耐用年数を適用すればいいのでしょうか?ここでは、税法上のルールを正しく読み解きます。 目次 耐用年数17年を適用するのが原則 例外 […]

太陽光発電設備を減価償却する方法

太陽光発電設備を減価償却する方法 購入した太陽光発電設備を費用化するためには、減価償却を行う必要があることをご存じでしたか?メンテナンス費用や修繕費についてはその年の費用に計上することができますが、太陽光発電設備は減価償却資産となるため、計算することによって導き出す「減価償却費」を計上することで、初めて費用にすることが可能となります。 ここでは、太陽光発電設備を減価償却する方法についてご紹介してい […]

中古資産の耐用年数は何年で計算すればいいのか?

中古資産の耐用年数は何年で計算すればいいのか? 中古資産を減価償却するためには、「法定耐用年数」ではなく「使用可能期間」を見積もる必要があります。 中古資産の耐用年数(使用可能基幹)の簡便法による具体的な計算方法について解説していきます。 合わせて、実際にどのように減価償却を進めていくのかをご紹介していきます。 中古資産の減価償却の概要については、『中古資産の具体的な減価償却方法について解説』にて […]

中古資産の具体的な減価償却方法について解説

中古資産の具体的な減価償却方法について解説 減価償却とは、資産価値を数値化する目的で行う会計処理のことをいいます。 中古資産については既に資産価値が減少している状態での購入となるため、新規購入資産とは減価償却の方法が異なります。 今回は中古資産の具体的な減価償却方法について解説していきます。是非参考にしてみてください。 目次 中古資産は法定耐用年数ではなく「使用可能期間」として見積もられた年数を […]

経理業務をアウトソーシングするメリットデメリットについて

経理業務をアウトソーシングするメリットデメリットについて 経理業務は企業の基幹データとなるため、アウトソーシングすることに少なからず抵抗感を示す方がいらっしゃることと思います。 社外の第三者へ経理業務を委託することになるため、機密情報が漏えいするのではないかと不安に感じる方も中にはいらっしゃるかもしれません。 しかし、経理業務をアウトソーシングすることで様々なメリットを受けることができる点について […]

給与計算業務をアウトソーシングする前に知っておきたい3つのポイント

給与計算業務をアウトソーシングする前に知っておきたい3つのポイント 給与計算業務をアウトソーシングすることによって、さまざまなメリットがあることは言うまでもありません。 給与計算業務の担当者を確保する必要がなくなるだけでなく、浮いた人件費で営業担当者を新たに雇用し、業務拡大を視野に入れた人材マネジメントが可能になります。 今回は、給与計算業務のアウトソーシングを検討している企業担当者が知っておくべ […]

弥生給与のマイナンバー対応状況

弥生給与のマイナンバー対応状況く解説 弥生給与の導入を検討している人や既に導入しているユーザーにとって、マイナンバーに対応しているかどうかは重要なポイントとなります。 なぜなら、給与計算システムがマイナンバーに対応していなければ、源泉徴収票に記載する従業員のマイナンバーを1人ずつ手書きしなければならないからです。 弥生から販売されている「弥生給与」「やよいの給与計算」「やよいの給与明細オンライン( […]

弥生会計オンライン(クラウド版)について分かりやすく解説

弥生会計オンライン(クラウド版)について分かりやすく解説 弥生会計には、従来のパッケージ版である「弥生会計」と、その弥生会計のクラウド版である「弥生会計オンライン(クラウド版)」があり、従来のパッケージ版は、あんしん保守サポートをオプションとして選択できる仕組みになっています。 「弥生会計オンライン(クラウド版)」のメリットとデメリットを理解することができれば、どちらを選ぶべきかを判断することがで […]

freeeとMFクラウド会計の連携サービスを徹底比較

freeeとMFクラウド会計の連携サービスを徹底比較 クラウド型会計システム市場を牽引するfreeeとMFクラウド会計。 どちらも機能面について大きな違いはないため、どちらを導入すべきか判断に迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、「自分が使っている連携サービスがあるかどうか」という基準をご紹介します。 連携サービスの違いについて両システムを比較し、最終的な決め手として活用できる方 […]

出向と転籍の給与はどこまで損金算入が認められているのか?

出向と転籍の給与はどこまで損金算入が認められているのか? 従業員を出向させる場合と転籍させる場合では、労務上の取り扱いが異なることをご存じですか? また、出向や転籍に伴って発生する給与については、どこまで損金算入が認められているのでしょうか? 出向と転籍それぞれの労務上の取り扱いに触れながら、発生する給与についてどこまで損金算入できるのかを解説していきます。 目次 出向と転籍の違い 出向とは […]

不納付加算税はいくら未満が切り捨てになるのか?

不納付加算税はいくら未満が切り捨てになるのか? 不納付加算税はいくら未満が切り捨てになるのかを知っておけば、万が一源泉徴収税の納付期限を過ぎても大きな不安を抱える心配はありません。 また所得税に関する他のペナルティとの違いについても確認しておきましょう。 |-そもそも不納付加算税とは? そもそも不納付加算税とは、従業員から徴収した所得税(源泉徴収税)の納付期限を過ぎた場合に支払うペナルティのことで […]

認定利息の未収計上と法人税負担について

認定利息の未収計上と法人税負担について いくら社長が起業した会社であったとしても、役員である社長が会社のお金を勝手に借りることは許されません。 ただし税務上、認定利息を支払えば社長が会社からお金を借りることも可能となります。今回は認定利息とは何かを解説し、認定利息を計上しなかった場合にどうなるのかについてお伝えします。 |-認定利息とは? 認定利息とは、役員や従業員が会社からお金を借りたことによる […]

法人税の納税証明書はどこで発行してもらえる?入手方法まとめ

法人税の納税証明書はどこで発行してもらえる?入手方法まとめ 銀行で融資を受ける際に、法人税の納税証明書の提出を求められることがあります。 スムーズに融資を受けることができるように、どこで発行してもらえるのか入手方法を確認しておきましょう。 |-納税証明書は全部で6種類 納税証明書には全部で6つの種類があります。 違う証明書を取り寄せてしまったら手数料が余計にかかってしまいます。 銀行に提出しなけれ […]

法人税の均等割とは?東京23区内の会社の計算方法

法人税の均等割とは?東京23区内の会社の計算方法 法人住民税の均等割とはどのようにして金額が決まるのかをご存じですか? また、事業年度の途中に事務所が移転したら法人住民税はどのように計算されることになるのでしょうか? 東京23区内の計算方法について解説します。 |-法人税の均等割とは? 法人住民税は地方自治体が課税を行う税金で均等割と法人税割の2つで構成されており ます。 国税の法人税には均等割は […]

日当や出張旅費に消費税は課税される?通勤費の非課税限度額との違い

日当や出張旅費に消費税は課税される?通勤費の非課税限度額との違い そもそも日当とは国内や海外への出張に際して役員や従業員へ支払う手当のことです。 出張の際に必要となる宿泊費と出張旅費をまとめて日当として支給することもあります。これらのような費用には消費税が課税されるのでしょうか? また通勤費の非課税限度額との違いについても解説していきます。 |-いわゆる「日当」は消費税の課税対象となされるのか? […]

節税の真髄とは - 税理士が教える -

節税の真髄とは? 税理士が徹底解説!経営者が知っておくべきたった1つのこと うちの税理士はちゃんと節税をしてくれているのか?本当はもっとうまい方法があって、自分だけが知らないのではないか? 節税に関して、こんな疑心暗鬼に陥ってはいませんか? 節税について、考え方を知ることでスッキリ頭の中を整理することが出来ます。   ♣経営者: 来年利益が増えそうなんだけど、節税どうしたらいいかなぁ ♣ […]

間違いやすい交際費と会議費の違いがあっという間にわかる3つのポイント

間違いやすい交際費と会議費の違いがあっという間にわかる3つのポイント 交際費と会議費はどちらも混同しやすい費用となっており、間違えてしまうと法人税を多く支払ってしまうことがあります。交際費と会議費それぞれの定義を確認し、具体的な事例を確認していきましょう。そうすれば交際費と会議費を使い分けられるようになります。 |-交際費とは? 国税庁のサイトで交際費は、以下のように定義されています。 交際費等と […]

寄付金に消費税は課税される?寄付金と消費税に関するよくある3つの質問

寄付金に消費税は課税される?寄付金と消費税に関するよくある3つの質問 支出が増えれば消費税の仕入税額控除も増えるので、消費税額を安く抑えることができます。ならば寄付金として支出する方法は検討に値するでしょうか? 寄付金を仕入税額控除するためには、課税仕入れであるかという点が問題になります。 そこで今回は、 ・そもそも寄付金に消費税が課税されるのか? ・現金ではなく物品を寄付した場合の消費税はどうな […]

懇親会の会費は交際費?会議費?具体的な事例で見極めよう!

懇親会の会費は交際費?会議費?具体的な事例で見極めよう! 交際費のなかでも接待飲食費は、損金算入することができます。(ただし、社内飲食費を除きます。)懇親会や同業者パーティなどで支払う会費は、あらかじめ金額が決まっているため、いくつかのポイントをおさえる必要があります。どのような場合であれば、会費を損金算入(税務上の費用化)することができるのかを解説していきます。 |-会費制の同業者パーティや懇親 […]

交際費の接待飲食費5000円ルールのメリットや注意点【まとめ】

交際費の接待飲食費5000円ルールのメリットや注意点【まとめ】 接待飲食費5000円ルールのメリットや注意点についてまとめました。接待飲食費5000円のルールは、1人当たり5000円以下の接待飲食費と5000円超の接待飲食費に区分することから始まります。正しく理解して、上手に節税をしましょう。 |-交際費の接待飲食費5000円ルールの最大のメリットとは? 交際費の接待飲食費5000円ルールを適用す […]

社宅には消費税がかかるのか?

社宅には消費税がかかるのか? 企業担当者が知っておきたい3つのポイント 社宅に住んでいる役員や従業員からの家賃収入や大家へ支払う借上げ料に、消費税はかかるのでしょうか?企業担当者が知っておきたい社宅と消費税に関する3つのポイントをご紹介します。 |-社宅の貸付けは消費税がかからないのが原則 会社が借りた社宅を従業員に貸しても、消費税は課税されないことになっています。 なぜなら、住宅の貸付けは非課税 […]

ふるさと納税の確定申告にちょっと待った!

ふるさと納税の確定申告にちょっと待った! 知っておきたい3つの注意点 ふるさと納税をして住民税をお得にするためには、確定申告が必要です。しかし、ふるさと納税の確定申告作業が煩雑だという声を受けて、手続きが簡単になっていることをご存じですか?今回はふるさと納税の確定申告をする前に、知っておきたい3つの注意点を紹介します。 |-確定申告不要のワンストップ特例が使えるかもしれない 以下の条件に当てはまる […]

印紙税法の第7号文書とは?他の文書との違いを徹底比較!

印紙税法の第7号文書とは? 他の文書との違いを徹底比較! 収入印紙を貼らなければならない書類は全部で20種類ありますが、そのすべての文書は印紙税法の第1号文書から第20号文書として明確に定義されています。そのなかでも第7号文書は他の文書と間違いやすくなっています。ここでは第7号文書がどういう文書なのかを解説するとともに、他の間違いやすい文書との見極め方をご紹介していきます。 |-そもそも第7号文書 […]

たった3分でふるさと納税の仕組みがわかる!メリットデメリットまとめ

たった3分でふるさと納税の仕組みがわかる! メリットデメリットまとめ ふるさと納税に興味があるものの、 ・何から始めればいいのかわからない ・なんだか面倒に感じる ・本当にお得なのか、いまいち確信がもてない と感じていらっしゃいませんか?今回はそんなあなたのために、ふるさと納税の仕組みやメリットデメリットを解説していきます。 |-そもそもふるさと納税とは? そもそもふるさと納税とは、応援したい自治 […]

配偶者控除150万円はいつから?開始時期や企業担当者が知っておきたいポイントを解説

配偶者控除150万円はいつから? 開始時期や企業担当者が知っておきたいポイントを解説 平成27年の税制改正で、配偶者控除が現在の103万円から150万円に引き上げられることになりました。配偶者控除150万円のメリットや開始時期、企業担当者が知っておきたいポイントを解説していきます。これで従業員から問い合わせを受けても、スムーズに対応することができるようになります。 |-配偶者控除150万円のメリッ […]

賞与の源泉所得税はどうすればいい?計算方法と注意点

賞与の源泉所得税はどうすればいい? 計算方法と注意点 賞与を支払うときに発生する源泉所得税ですが、どのように計算すればいいのかをご存じですか?賞与の源泉所得税の計算方法は給与や報酬とは異なるため、もし賞与の計算方法を知らなければ間違えた金額を徴収することになってしまいます。このコラムでは賞与の源泉所得税の計算方法を、 ・従業員へ賞与を支給する場合 ・役員へ賞与を支給する場合 の2つに分けて解説して […]

請負契約書の印紙税はいくら?請負契約に関する法的根拠まとめ

請負契約書の印紙税はいくら? 請負契約に関する法的根拠まとめ 請負契約書に貼付する印紙税の法的根拠は、どこにあるのかをご存じですか?印紙税の法的根拠を正しく理解していなければ、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあるかもしれません。今回は、 ・請負に関する印紙税法上の法的根拠 ・請負に関する民法上の法的根拠 という2つの法的根拠をご紹介しながら、請負契約書の具体的な印紙税の計算方法を解説してい […]

報酬・料金の源泉所得税の徴収方法は?計算から納付まで

報酬・料金の源泉所得税の徴収方法は? 計算から納付まで 法人に対して業務請負契約などで支払った報酬や料金については源泉所得税が発生しませんが、税理士や公認会計士など個人へ報酬を支払った場合は源泉所得税が発生します。一概に報酬といっても、源泉所得税が発生する報酬とそうでない報酬があるのです。今回は源泉所得税が発生する報酬や料金の、計算方法や納付方法を解説していきます。 |-源泉所得税が発生する報酬・ […]

印紙税法の第2号文書とは?請負と売買の違いを徹底解説!

印紙税法の第2号文書とは? 請負と売買の違いを徹底解説! 契約の内容が請負か売買かによって、印紙税の取り扱いが異なることをご存じですか?もし請負契約と売買契約を間違えてしまうと、印紙税で損をしてしまうかもしれません。そこで今回は、請負契約が印紙税法でどのように定義されているのかを紹介しながら、請負契約と売買契約の違いについて解説していきます。 |-印紙税法の第2号文書とは? 印紙税法の第2号文書と […]