経理業務をアウトソーシングするメリットデメリットについて

経理業務をアウトソーシングするメリットデメリットについて


経理業務は企業の基幹データとなるため、アウトソーシングすることに少なからず抵抗感を示す方がいらっしゃることと思います。
社外の第三者へ経理業務を委託することになるため、機密情報が漏えいするのではないかと不安に感じる方も中にはいらっしゃるかもしれません。
しかし、経理業務をアウトソーシングすることで様々なメリットを受けることができる点については、疑いようのない事実です。
今回は、経理業務のアウトソーシングを検討している企業担当者が知っておきたいメリットとデメリットについて解説していきます。

目次
経理業務をアウトソーシングする5つのメリット
  -コスト削減
  -業務負荷を軽減させる(業務効率化) 
  -専門家に依頼する安心感
  -人材確保の煩わしさがなくなる
  -経理情報に携わるスタッフを最小化することで、経営情報の社内漏洩リスクのヘッジになる
経理業務をアウトソーシングする3つのデメリット
  -基幹業務データを社外に開示する懸念
  -データのやり取りに時間がかかる
  -レシートや伝票などを送付する手間がかかる
経理業務をアウトソーシングするデメリットを解決するクラウドサービスとは?
まとめ

|-経理業務をアウトソーシングする5つのメリット

経理業務をアウトソーシングするメリットとして、以下5つを挙げさせていただきます。
1.コスト削減
2.業務負荷を軽減させる(業務効率化)
3.専門家に依頼する安心感
4.人材確保の煩わしさがなくなる
5.経理情報に携わるスタッフを最小化することで、経営情報の社内漏洩リスクのヘッジになる

■コスと削減
経理業務に限らず、アウトソーシング全体のメリットとして、やはり「コスト削減」が挙げられます。
賃金だけでなく、附随する通勤手当や社会保険といった負担を軽くすることができるのは、経営者にとって嬉しいメリットになるのではないでしょうか。

■業務負荷を軽減させる(業務効率化)
経理業務は基本的に、マニュアルに落とし込めるルーティンな作業が多い傾向がありますが、法改正などがあった場合はイレギュラーな対応を行う必要があるため、業務負荷がかかります。
しかし、経理業務をアウトソーシングすることで、法改正等のイレギュラー対応に追われることはなくなります。
恒常的に業務負荷を軽減し、効率化を図ることが可能となるのです。

■専門家に依頼する安心感
経理業務をアウトソーシングすることは「専門家に依頼する安心感」というメリットも付随します。
近年、企業コンプライアンス等のリスク管理は必須となっていることから、企業担当者は法改正の都度、シビアな対応が要求されることが考えられます。
経理業務をアウトソーシングすれば、このような専門的な知識は最低限身に付けておけば問題なく、精通しておく必要はありません。

■人材確保の煩わしさがなくなる
経理業務のアウトソーシングは、人材派遣と比較検討するケースが多くなっています。
しかし、人材派遣という性質上、優秀な人材を確保することが難しいこともあるため、結果として人件費が高額になってしまう可能性が高くなります。

さらに、アウトソーシングの内容によっては経営コンサルティングも含まれているため、経営力が強化することが考えられます。
結果として、金融機関からの評価が良くなり、融資を受けやすくなるメリットも出てきます。
このようなメリットは、人材派遣を活用する場合では決して得られるものではありません。

■経理情報に携わるスタッフを最小化することで、経営情報の社内漏洩リスクのヘッジになる
経理業務をアウトソーシングすることで、経営情報の社内漏洩についてリスクヘッジできるメリットもあります。
経理情報に携わるスタッフを最小化することで、情報管理のセキュリティ対策にもなるのです。

|-経理業務をアウトソーシングする3つのデメリット

経理業務をアウトソーシングするデメリットには、以下の3つが考えられます。
1.基幹業務データを社外に開示する懸念
2.データのやり取りに時間がかかる
3.レシートや伝票などを送付する手間がかかる

■基幹業務データを社外に開示する懸念
アウトソーシングすることで情報漏洩のリスクヘッジになるメリットがあるとはいえ、第三者へ情報開示することに抵抗がある方もいらっしゃることでしょう。
しかし、こうした基幹データを委託するためには、秘密保持契約を締結することが絶対的な前提となっているだけでなく、契約内容に損害賠償責任を含めることもできるため、多くのお客様が抱える心理的障壁を取り払うことが可能となっています。

■データのやり取りに時間がかかる
経理業務を社外へアウトソーシングするため、データのやり取りに時間がかかることがあります。
しかし、ネットワーク環境や利用するシステムによっては、リアルタイムで対応することが可能です。

■レシートや伝票などを送付する手間がかかる
データ入力の元となるレシートや伝票をアウトソーシング先へ送付するのに時間がかかるデメリットがあります。
しかし、最低限の伝票入力は自社で行うようにすれば、レシートや伝票を送付する手間が省け、アウトソーシング料金を安くすることも可能となります。

経理業務のアウトソーシングにかかるデメリットは、クラウドサービスを利用することで解決することが可能です。
最後に、経理業務をアウトソーシングするデメリットを解決する、クラウドサービスについてご紹介します。

|-経理業務をアウトソーシングするデメリットを解決するクラウドサービスとは?

経理業務をアウトソーシングするデメリットを解決するためには、クラウドサービスを積極的に活用しましょう。
クラウドサービスを利用すれば、アウトソーシング先で入力したデータを、企業側でリアルタイムに確認することができるようになるからです。

このような運用をするためには、複数のメンバーが同時に使用することができるように設定さえしておけばよいのです。
ちなみに、MFクラウド会計というクラウドサービスなら何人追加しても費用負担0円という大きなメリットがあります。

そして、領収書やレシートなどの経費データは、レシートを撮影することで仕訳データとして取り込むことができるため、アウトソーシング先に送付する必要がなくなります。
経営分析や決算書作成を部分的にアウトソーシングすれば、アウトソーシングする際に発生するデメリットを解消することができるようになります。

まとめ
これまでの経理業務のアウトソーシングで課題となっていたデメリットは、クラウドサービスを利用することによって解消することが可能となります。
既存システムに合わせて経理業務をアウトソーシングするのではなく、システム全体を見直すことによって、抜本的に業務改善を図ることが可能となります。
その際の注意点ですが、経理業務だけでなく、システムやネットワークの知識に精通した会計事務所を選ぶようにしましょう。
そうすることによって、抱えている問題を一気に解決することができるようになるからです。

参考URL
https://biz.moneyforward.com/info/news/member-add-free/
https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/203318190-%E4%BC%9A%E8%A8%88freee%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E6%8B%9B%E5%BE%85-%E6%A8%A9%E9%99%90